障害年金の認定基準

一般的に障害というと65歳以上の人がもらえる年金のことだと思っている人もいるかもしれませんが、その知られている老齢年金とは別に障害で苦しんでいる人に支給されるのが障害年金です。様々な障害で生活するのも困難だと感じている人に対して支給される年金のことです。一般的な老齢年金は65歳以上にならないともらうことができませんが、障害年金は認定基準に満たすことができれば、20歳以上でもらう資格があります。だからこそ障害で悩んでいる人で障害年金のことをしっかり理解していない人は、どのような病気や怪我で認定されるのか、その基準をしっかり理解しておく必要があります。

障害年金は様々な病気や怪我や精神疾患などを患っていて、生活に支障が出てしまう人がもらうことができる年金で、多くの傷病が該当するので、対象となる傷病を患っていて、さらに定められている認定基準や障害等級に該当する場合に限り、20歳以上であれば誰でも障害年金を受給できる可能性があるということを理解しておくと良いでしょう。

車椅子障害年金の制度をよく理解していれば自分自身で手続きをすることもできますが、多くの人がこの年金の制度に対して知識を持っていない人が圧倒的に多いからこそ、対象となる傷病がどのようなものがあるのか、そしてどのような認定基準があるのかを知っておくべきです。せっかく年金をもらうことができる可能性があるのに手続きしないのはもったいないです。だからこそ障害年金にはどのような認定基準があるのかを自分自身で理解するようにしてください。当サイトでは障害年金にどのような認定基準があるのかを解説しています。