認定基準の条件

年金障害年金を受け取るためには資格を満たしている必要があります。認定基準に満たしている障害や疾患でも、受け取る資格を満たしていないと障害年金を受け取ることができません。障害年金を受給するための条件として、病気や怪我で初めて病院で診察を受けた日に国民年金か厚生年金か共済年金に加入している必要があります。普通に会社で働いている人は厚生年金ですし、自営業や主婦の人は国民年金、公務員の人は共済年金に加入しています。加入している年金の種類によって障害年金の種類や金額が変わってきます。

初診日に20歳以上65歳未満という年齢制限もありますし、障害の程度が定められている条件に満たしていることも必要になってきます。この基準は国が定めていて、基準以上の障害になってしまったときに、初めて障害年金が支給される仕組みになっています。

このように自分自身に受け取る資格があるかどうかを理解しておくようにしておきましょう。初診日に年金を払っていないと障害年金を受け取ることができませんし、年齢制限もあり、傷病の基準も満たしていなければいけません。これらを全てクリアして初めて障害年金をもらうことができます。自分が全ての条件や基準をクリアしているかを理解しておきましょう。