3級と障害手当金

障害年金の認定基準で比較的軽い基準と言われているのが障害等級3級と障害手当金です。これらの基準は1級・2級と比べても比較的症状が軽い状態の人が障害等級3級と障害手当金に認定されることが多いです。1級・2級は室内や病室内から出ることが困難な傷病の人たちが認定されますが、障害等級3級と障害手当金は条件付きではありますが外に出ることができますし、仕事をすることもできる障害の程度の人が認定されます。

診察認定基準の障害等級の3級は、傷病はまだ完治していませんが、外に出て仕事をすることができる状態ではありますが、仕事などの労働に対して著しい制限を受けてしまう可能性がありますし、制限を加えないと働くことができないような状態の人は、障害等級の3級に認定されることになります。3級は1級・2級と比べると外に出て自分の思いで生活をすることはできますが、労働となると制限を受けなければいけない状態です。

1、2、3級のどれにも該当しないのが障害手当金です。これに該当する状態は、既に傷病は治っているものの、労働に対して制限を受けなければいけない状態、または自ら労働に制限を加えなければいけない状態の人は障害年金ではなくて障害手当金が支給されます。

1級と2級

障害年金の認定基準には等級で分類されています。この等級によって支給される年金の金額も異なってきます。傷病の状態が重い人であれば1級と2級に認定される可能性があります。特に障害等級の1級と2級に分類される人は、普通の生活も制限されてしまうことが多いです

ベッド障害等級の1級は、自分自身で身の回りのことはかろうじてできるが、その活動の範囲はおおむねベッド周辺に限られていて、誰かの助けを借りないと普通の生活をするのが困難な状態の人は障害等級の1級に分類されることがあります。活動の範囲はベッド周辺、ベッドがある室内に限られていて、それ以上の活動は出来ない場合やしてはいけない場合が多いです。当たり前の生活ができなくなってしまうのが障害等級の1級の特徴です

障害等級の2級は、家庭内で軽い活動をすることができますが、それ以上の活動はできない状態や、その活動をしてはいけない状態の人が障害等級の2級に分類されます。家であれば家の中だけ、病院であれば病室だけの活動の範囲しか動けない程度の人が2級に認定されます。障害等級の1級と比べると活動範囲は広がりますが、それでも障害が無い人と比べると生活に支障が出るレベルです。

認定基準の条件

年金障害年金を受け取るためには資格を満たしている必要があります。認定基準に満たしている障害や疾患でも、受け取る資格を満たしていないと障害年金を受け取ることができません。障害年金を受給するための条件として、病気や怪我で初めて病院で診察を受けた日に国民年金か厚生年金か共済年金に加入している必要があります。普通に会社で働いている人は厚生年金ですし、自営業や主婦の人は国民年金、公務員の人は共済年金に加入しています。加入している年金の種類によって障害年金の種類や金額が変わってきます。

初診日に20歳以上65歳未満という年齢制限もありますし、障害の程度が定められている条件に満たしていることも必要になってきます。この基準は国が定めていて、基準以上の障害になってしまったときに、初めて障害年金が支給される仕組みになっています。

このように自分自身に受け取る資格があるかどうかを理解しておくようにしておきましょう。初診日に年金を払っていないと障害年金を受け取ることができませんし、年齢制限もあり、傷病の基準も満たしていなければいけません。これらを全てクリアして初めて障害年金をもらうことができます。自分が全ての条件や基準をクリアしているかを理解しておきましょう。

障害年金の認定基準

一般的に障害というと65歳以上の人がもらえる年金のことだと思っている人もいるかもしれませんが、その知られている老齢年金とは別に障害で苦しんでいる人に支給されるのが障害年金です。様々な障害で生活するのも困難だと感じている人に対して支給される年金のことです。一般的な老齢年金は65歳以上にならないともらうことができませんが、障害年金は認定基準に満たすことができれば、20歳以上でもらう資格があります。だからこそ障害で悩んでいる人で障害年金のことをしっかり理解していない人は、どのような病気や怪我で認定されるのか、その基準をしっかり理解しておく必要があります。

障害年金は様々な病気や怪我や精神疾患などを患っていて、生活に支障が出てしまう人がもらうことができる年金で、多くの傷病が該当するので、対象となる傷病を患っていて、さらに定められている認定基準や障害等級に該当する場合に限り、20歳以上であれば誰でも障害年金を受給できる可能性があるということを理解しておくと良いでしょう。

車椅子障害年金の制度をよく理解していれば自分自身で手続きをすることもできますが、多くの人がこの年金の制度に対して知識を持っていない人が圧倒的に多いからこそ、対象となる傷病がどのようなものがあるのか、そしてどのような認定基準があるのかを知っておくべきです。せっかく年金をもらうことができる可能性があるのに手続きしないのはもったいないです。だからこそ障害年金にはどのような認定基準があるのかを自分自身で理解するようにしてください。当サイトでは障害年金にどのような認定基準があるのかを解説しています。